読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fallows

ゲーム好き。 乙女もBLも一般も色々やります。(積みますが←) 基本主人公大好き。

鏡界の白雪⑦【在間虚】

※ネタバレ苦手な方はご注意下さい。

在間虚:19「何も持たない男」

柘榴売りの少年。
ましろちゃんと同い年だけれど、見た目は随分と幼い印象を受けます。中身はクール、かな。敬語で話しますけど、淡々としている感じ。

ただ彼の鏡界は僕・俺・私といて、多重人格のよう。ましろちゃんは僕と話すことが多いですが。一番平和的です。

途中で同じぐらいの年であることがわかり、敬語なしで話すことに。
面白いのは、好感度上がる選択をすると僕なんですが、それ以外の選択肢だと俺と私が少し顔を覗かせます。喧嘩腰なのでときめかないけれど(笑)

ましろちゃんは柘榴好きですし、それきっかけで彼と仲良く(?)なってく訳ですが……
「何も持たない」わけなので感情がない訳ではないけれど、乏しいので……ときめかないとは言ったけれど、喧嘩腰の俺が一番好きかもしれない(笑)
少しずつ絆されてく感じが一番感じます。


最後の二人は一番最初にネタバレありますよー大丈夫ですかーとルート入る前に警告があるんですが、虚くんはそこまでのネタバレはない気がします。女王の真実が明かされるからネタ明しはありますが、彼の前に他のルートの彼らをプレイしていたらなんとなくわかってしまっていると思います。故に衝撃はなく、そうだったんだね、ぐらいのレベルな気がします。

プロローグ部分の真実は、このルートでってことにはなるかなと思います。女王のことは、このルート見ると印象変わるかも。
可愛さあまって憎さ百倍って感じですよね……もう意地かなとも思う。
この女王を知ってしまうと他のルートでの女王の心境が気になります。


ドキドキ、とかよりも良かったね、の印象が強いかなと思います。
全体的に、なんだかんだあっても、可愛らしい印象が残りました。
私的には、あんまり……どうかな。




だれてきたせいで終盤の感想が大分グダグダになってしまってすみません……。


ランキング参加してます!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村